さようなら、想い出の居酒屋

  • 投稿日:
  • by

昨日旦那と、私が昔行ってた地元の居酒屋に行った。たぶん行くのは、7年ぶり。炭火で焼く、焼き鳥がウリのお店。私はそこの「ニンニク丸揚げ」が大好物。

店に入ると、マイルドヤンキー夫婦が二組、30代の娘と両親、全部で三組の先客。ご主人は引退したらしく、息子さんとその嫁がカウンターに入ってた。

昔に比べ、メニューが少し変わって、価格設定もやや高めに。お目当ての「ニンニク丸揚げ」は、メニューから消失。

まずはお刺身、冷奴、漬物、焼き鳥など、当たり障りの無いものと、ビールを注文。最初に来たサーモン刺を食べた瞬間、もうこの店出ようと思った。

ちなみに旦那は、350円という価格の鳥ハツ串を見て「ぼったくりだな」。サーモンは冷凍物で味が抜け、鳥ハツは見たこと無いくらい極小。

ちゃちゃっと飲んで店を出た。以前は、こんな気持ちになった事は無く、悲しいね。