旦那 飲み会 浮気の不快度は極限

え、また?「ごめん」旦那 飲み会 浮気って、本当大流行ねぇ。「他人事で、羨ましーよ」皮肉言われるほど?「お相子じゃ?」

はぁ、で、私にどーしろと?「彼へ話を訊いてもらえる?」自分ですれば?夫婦じゃん。

「出来れば、頼みやせぬわ!もー...壮絶な喧嘩を繰り広げ、家を出た以上、旦那 飲み会 浮気が無実でなきゃ、自ら帰るの不可能!」ふむ、いつになく深刻。

「ようやく事の重大さ、呑み込んでもらえたようね」眠い。「あ?」何でもありません。旦那 飲み会 浮気かぁ、全部亭主が悪りぃのかなぁ。

「当然。日々、家事全般を担い、子供の面倒まで見る私。どこに非が?」貴女はそう考えても、きっと彼にも訳が。

「いかなる理由であれ、旦那 飲み会 浮気は許されません」そりゃ。「駄目なの。恋人おらぬ貴女じゃ分らんかもだけど、非常に不快。とても許せそうな出来事じゃねーわ」

はぁ。「分れば一刻も早くプリーズ」分ったけど、最終的にどうすれば?「そう。やり直せるかは微妙。でも真実、これを求む」